下肢静脈瘤は片足が10万円くらいかかります。
でも、日帰り手術みたいな感じで、手術後には元の健康な足にすぐ戻れます。
事前の予約などが必要です。
インターネットなどで、下肢静脈瘤の手術のうまい病院とか、先生とかを県内の病院から探せます。
人気ランキングで出てきます。
最近はこういったツールがあるので、いい先生の所に行くのに困らないです。
それから病院も、古い病院だとか、きれいな新築の病院だとか、即座に自宅にいながらにしてわかるのでいいです。
なるべくは今まで実績のある、県内でもわりと有名なところの方がいいかもしれません。
足がつったり、ビリビリしびれたりして、静脈瘤は毎日イヤなものです。
血管は青く浮き出て、外から見ても何かものすごく見苦しく、肉があちこち浮き出しているような人もいます。
手の甲までなっている人を時々見かけます。
そこまで働いたのかー!という感じです。
痛々しく、なるべくなら早い治療を望みますが、片足で約10万円なので、両足だと20万円かかり、しかも、また、先に10年後くらいには同じようになるので、再度手術が必要です。

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれているくらい大事な部分ですが
下肢静脈瘤になると、ふくらはぎにある血管が見た目でわかるくらい
ぼこぼこになります。

これは足の先から心臓へ血液が戻るための弁が、正常に機能しなくなるため、
血液が溜まり血管がぼこぼこになるのです。
放っておくと皮膚の色は真っ黒になり、蜂窩織炎という怖い病気を併発します。

足の血流が悪くなるということは、最近に対しての免疫も下がりますので
けがが治りにくくなるのです。蜂窩織炎はそのために起こるのです。

下肢静脈瘤は、一昔前ですとダメになった血管を引き抜いていたのですが
最新の治療ではレーザーを血管の中に挿入し、血管のぼこぼこの部分を焼くことで正常な血管に戻します。

レーザー治療を自費で支払う場合は、かなりの高額でしたが
最近では保険も適用されるので、最新レーザー治療を受ける人も増えてきました。下肢静脈瘤の治療は早ければ早いほど、皮膚もキレイにもどります。

特に女性に多い下肢静脈瘤、皮膚の色が変わる前に早めに病院へ行くのが賢明です。

私は下肢静脈瘤になったことがあります。下肢静脈瘤は女の人もなりやすい病気みたいで、結構なる人も多いみたいです。私が通っている病院は、下肢静脈瘤の専門科があって、そこに患者さんがたくさん来て治療を受けています。

私はふくらはぎのところに、血管が浮き出たようなボコボコとした塊が出来ていて、それがだんだん大きくなって足が痛くなりました。ヒールの靴を履いたりしていたので、足に負担がかかっていたのかもしれません。

患者さんがたくさんいたので、すぐに治療は受けられませんでしたが、三ヶ月ほど経つとレーザー治療を受けられました。レーザー治療はそんなに痛くなくて、あっという間に終わりました。症状が悪化している患者さんは、手術をしてカテーテルをいれて治療をしたりもするそうです。

レーザー治療を受けてからは、だんだんと足の状態も良くなりました。これからはあまり足に負担がかからないように気をつけていこうと思っています。無事に治って良かったなぁと思います。
東京プライベートクリニック | :遺伝子検査・下肢静脈瘤・メディカルアロマ